長い時を経てふたたび出逢う仲間たち


あ!皆さん!


昨日のブログに登場した
真知子LINEトークを家宝として死守する友人
ですが(長ぇな、おい。笑笑)


無事!
新機種契約&LINEトーク移行
完了したそうですっ!!!


おめでとぉーーーー!!!
ヽ(^o^)丿~パチパチ♪♪♪


(いったい何の報告よ。笑)


新スマホと散々格闘した後
寝ようと思って部屋の電気を消したら


スマホが勝手に喋り出し
最後にダジャレを言ってから

電源オフになったらしい(爆)


マジかよっ!!Σ(oдΟ;)

いったい何の機能なんだ!それは!


そして一体どんなダジャレだっ!?


新時代のAIは一体どこを目指しているんだっ!!


吉本かっ? 吉本なのかっ!?


面白すぎるだろっ!!!


。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ギャハハ!


すげーな、ソ〇トバンク!


新スマホとのダジャレ対決をしてみたい!
と思ったかどうかは内緒にしておく(笑)


うちのスマホも勝手にダジャレを言うよ!
という方は今日もポチっと応援してね♡


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…


さて
本日のタイトル。


今日はまったくスピリチュアルな
お話ではありません。


完全プライベートなお話です。


なので
「なぁんだ、じゃあ興味ない~っと」
と思われる方はスルーしてくださいね(笑)


でも、面白い話は大好き~♪という方は
是非ぜひ読み進めてみてください(笑)



わたしが普段から
仲良くしている友達で
いま一番古い友人たちが
中学時代からの友達です。


家族の物語については
以前LINE会員様向けの
限定公開記事」の方で
あんなことやこんなことを
赤裸々にたんまりと語りましたが


一方「家の外では何があったか?」に
ついてはまだ詳細をお伝えしていません。


それはまたいずれ別の機会に♪^^


その中でも
中学時代ははっきり言って
わたしの人生の歴史において
特に「暗黒の時代」でした。
(-_-;)



その「暗黒の時代」に何故か
仲良くなった友人たちなのですが


それぞれ別々の高校に進学したので
それ以降は段々と疎遠になり


やがて社会人になって
更にそれぞれ遠く離れて…
という経緯を経て


本格的に疎遠になっていきました。


その中の一人とは
今から18年くらい前の同窓会で
久しぶりに最初の再会を果たし


更にその8年後くらい
今から10年程前に
再び開かれた同窓会にて
二度目の再会を果たしました。


もう一人の友人とは
今から8年前にそれこそ
30年ぶり近い再会を果たし


あ、やべ。歳がバレる。
計算するな、するな(笑)



それからちょこちょこ
連絡を取り合うようになったり


何年かに一度
たま~に会ったりするようになりました。
(みんなバラバラの遠方に居住)



で、
それぞれの友人と

(ここでは仮に友人A、友人Bとします)

1対1で連絡を取り合ったり
1対1で会うことはあっても
三人で一緒に会うということは
何故か不思議としてきませんでした。


やがてわたしが
かなり遅れて時代の波に乗り
散々「遅い、遅い」と皆に
ディスられながら(笑)
ようやく始めたLINEに
切り替わってからも


「グループLINE」という
便利な機能があるにも関わらず


なーぜーかー
「よし♪三人でグループLINE作ろうよ♪」
の流れにならず、且つ思いつかず
1対1での交流をはかってきたのですが。


あ、ちなみに
この三人は全員
「元美術部OG」で
互いに仲良くしていたので
友人Aと友人Bが
知らない者同士とか
いうわけではありません。


と言うかむしろ
この友人Aと友人Bは
家も近所の幼なじみで


わたしと知り合う遥か昔から
それこそきっと、恐らく、
鼻水を垂らしていた時代」から
互いを良く知る「旧知の仲」であります。


あ、実際に鼻水垂らしていたかどうかは
わたしに知る由もありませんが(笑)
なんとなくの適当な例えで書いてみました。


垂らしてねーわ!という声は
まるっと無視して先に進めるね!(笑)


で、
いまから一週間ほど前に


その友人A、友人Bそれぞれと
同日同時刻にLINEを楽しんでいる最中
ふと…思い立ちまして


「あれ?てか、この三人で
 LINEグループ作ったらいいんじゃね?」


…と、あまりにも遅すぎる閃きが起き(笑)


早速友人A、Bそれぞれに
その旨話をもちかけました。


そのうちの友人Aは
自他ともに認める筆不精で
(いや、文章は天才的にうまいのだが)
まったくマメではないタイプ。


「レス遅くなってもいい?」
という反応がかえってくることは
想像していましたが意外にも乗り気で(笑)


「いいね、いいね♪」というノリになり
斯くして三人のグループLINEが
めでたく出来上がりました♡


ま、当然そーゆーことを言いだすのは
決まってこのわたしなのですが(笑)


せっかく作るなら何か
「イカすネーミング♡」にしようと
考え…というかもう閃いていたのだけど


「イカす」ってのが既にダサさ満載だけれども(笑)



「ねえねえ『チーム永遠の中二病』はどお?」


と持ち掛けると満場一致で即決♡


てなわけで
これまためでたく
チーム永遠の中二病」という
LINEグループができあがりました♡


うん。めでたいのはお前の脳ミソな!(笑)


友人AはこのグループLINE結成が
あまりにも嬉しかったのか娘さんに
「グループLINE作った『チーム永遠の中二病』♪」
と報告したそうで。


そしたら
「ママ…中二から何年経ってると思ってるの?」
と憐みの目で見られたそうです(笑笑)


それを聞いてわたし
「なっ、バカっ!こんな極秘の情報を
 そう易々と暴露するなんてっ!!」
と、叱りつけてやりました(笑笑)


うん。でもそーゆー自分はいま公共の電波使って
こんな大っぴらにしちゃってるけどね!(爆)



グループのアイコンと壁紙は
当時わたしが愛して止まなかった
少女漫画の「伊賀のカバ丸」♡️


いま見ると
「あれ?こんなにイケメンだっけ?」
って感じなのだけど


皆に言わせると
真知子といえばカバ丸。
 カバ丸と言えば真知子。

というくらいわたしは
カバ丸熱が凄かったらしい(笑)


ねえ、どうなの?それって?
喜んでいいやつなの?ねえねえ?



わたしのこのギャグセンス(笑)の
元になっているのは間違いなく
この「伊賀のカバ丸」だな、うん。


いわばわたしの「お笑いの師匠
みたいなもんです(笑)


あ、ちなみにそのLINEグループの
アイコンと壁紙はこんな感じね♪
      ⇓

どおどお? ねえ良くない? ね、ね♡
え? ダサい? マジでっ!? Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン



早速、お気に入りアイコンで
グループを作って皆を招待すると


「やっぱ仕事早ぇーな!」
と、皆からの称賛を浴び


そこから一晩ひとしきり皆で
LINEプチ同窓会」が開かれました。


わたしは相変わらずキレッキレで
(自己肯定感青天井。笑笑)
みんなを笑わす役なのだけど


(時々自らも自分のあまりの面白さに
腹を抱えてツボったり。笑)←なんてオメデタイ


友人Aが墓場まで持っていきたいほど
大好きな漫画があると言うので


真「棺桶にいれてあげるね️♡」と言い、


するとすかさず友人Bが
子供の頃夢中になっていた「謎の遊び」に
使ったアイテムの事を持ち出して


B「じゃ、私王冠と釘入れる」と言うので


真「おでこに打ち付けてあげるね♡」️と答え(笑)



これは余談だが、
「木の切り株に王冠を打ち付けていた」
と、最初にこの遊びを聞いた時、
「なにそれっ!?王族の遊び!?」

と思ってワロタ(笑)

実際は王冠→瓶の王冠のことね



友人Aが、娘のBL好きに話が及ぶと
またしても友人Bがすかさず


B「ね、ね、BLって何よぉぉ!!!
と、生娘ぶってくるので(笑)


真「ベーコン&レタスのことだよ♡
と、優しく教えてあげたり(笑笑)


後から読み返してもその3人の
LINEトークのタイムラインが
あまりにも面白すぎて(笑)


そんな皆との楽しいやりとりを眺めていて
ふと感じたことがあったので
それを翌朝ふたりに呟いてみました。


【真知子独り呟きのコーナー】

改めてこのトークラインを読んで感じたこと…

3人それぞれの個性と、
立ち位置(?)的なキャラクターが
よーく現れてんなぁと。


すごーくわかりやすい例えで言うと


わたし→熱血の赤レンジャー。
    パワフルで時に暑苦しい。
    みんなを引っ張るリーダータイプ。


A子 →クールな青レンジャー。
    どこか影あるミステリアス。
    冷静で博識なタイプ。


B子 →愛嬌たっぷり黄レンジャー
   (この流れから予想してただろ?笑)
    時々皆のテンポから遅れる。
    一人独自路線を行く。笑
    皆が真剣な会議をしてる中
   「なぁに。皆なんでそんな真剣な
    顔して話してるのぉ〜?」
    とおとぼけ顔でカレー持って登場。
            ↑
    なんかイメージぴったり
   (B子のイメージ多め。笑笑)


う〜ん。我ながら秀逸な例えだ。
(自己肯定感青天井。笑笑)


…で、女子3人集まってるのに
桃レンジャーがいないってゆーね。


以上、真知子
「今朝の呟き」でした(笑)


うん。例えで
ゴレンジャーとか出してくるあたり
昭和の匂いがプンプンしてくるのだけれども(笑)


知ってる?ねえ良い子のみんなは知ってる?



そんな皆との楽しい
初LINEプチ同窓会
が開かれた次の日の夜


わたしたちは
重大なあること」に
気が付いてしまったのです…。


それは前述のLINEトークの中で
ねえねえ、こうき先輩(仮名)っていたよね!
というわたしからの話題をきっかけに


「そうそう!いたいた!」

「色白だった!」だの

「バク転がうまかった!」だの

「いつもドラムスティック手に持っていた」だの


クイズ!こうき先輩(仮名)を思い出せ!
みたいな思い出話を散々していたのだけど


翌日の夜になってB子から
ふたたびLINEが届き…



B「昨日からのもやもや~(-_-;)
 私ずっとゆうき先輩(仮名)だと
 思って昨日喋ってたんだけど…
 ねえ、こうき先輩って誰っ!?



B子のそのメッセージを受けて
A子もまた


A「あっ!ゆうき(仮名)だ!

真「あっ!そーだ!ゆうき(仮名)だっ!


…と、全員が間違いに気づき…


じゃあ前の晩さんざん皆で
あーでもないこーでもないと語って
クイズ!こうき先輩(仮名)を思い出せ!
までやって思い出していたこうきって誰だよっ?
って話になって。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ギャハハ!


わたしたち三人誰一人
その間違いに気が付かないまま
一晩中この世に存在していない
謎のこうき先輩(仮名)」について
熱く語り合っていたことに気づき
お腹を抱えて笑い合いました(爆)


いやぁ、可笑しかった!
。゚( ゚^∀^゚)σ゚。


うん。案の定言い出しっぺわたしね(笑)



お願い、あらためて言わせて。


誰だよっ!こうき先輩って!!(笑)



そして
それとはまた別に
前述のわたしの朝の呟きを受けて


B子はB子でこんな呟きを。


【B子心の声】

あれだな・・・

真知子は
ドラえもんとジャイアンだな( *´艸)


時空を超えるし、
おー!心の友よ~(心友)
って真知子かジャイアンしか言わないしな・・・


四次元ポケット持ってさそうだしな( ̄▽ ̄;)


A子ちゃんはしずかちゃんだな。
いっつも、にこにこ優しいし穏やか。
ずーっと昔から同じ、ずーっとそのまま。


そんな私はのび太だね。
あ~良い友達に恵まれて幸せだな~


そのうち真知子、
リサイタル開きそうだし・・


この後なぜか
「じゃ、一人二役だ」の流れから
A子とB子が「私が!」「いや私が!」と
「ジャイ子」の役を巡って取り合いになって
「ジャイ子人気急上昇」が起きるという(笑)


そしてまた後日
B子の「真知子はジャイアンだ」の発言を受け
A子がポツリとひとこと


A「お前のものは俺のもの。
  俺のものも俺のもの。



真「ワンネス


A「このセリフの真意は、
 『お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの。
  だからお前がなくしたものは、

  俺がなくしたものだと思って一緒に探す。
  お前が受けた痛みも、俺の痛みと一緒

  ということ。実際は、そういった相手を
  思いやる意味合いが込められているらしい」


…と、超絶こころに染みる名言をはき


真「うんっ♡️
  じゃあやっぱ、わたし、
  ジャイアンかもしれない
(笑)」


…と、ちょーしに乗った真知子なのでした。
♡ヾ(´∀`*)ノ 


そっか!


ジャイアンのあの名台詞には
そんな深い意味がこめられていたのねっ!!
()


先日からちょいちょい差し込まれる
アニメキャラクターたちの名台詞による
含蓄のある人生の深い真理


う~ん
昭和アニメ
侮れないっ!!!


それはそうと…


わたし本日のこの記事
A子B子ふたりの許可なく
書いちゃってるんで(;^_^A


この後制裁をうけてきまーーーす!(笑)


きっと二人ともこれ、いま読んでるよね?
…ってことで書いちゃった!事後報告!テヘペロ!
許せっ!A!B!(≧∇≦)


でもほんと
会っていなかった時間の長さなんて
全然関係ないねっ♡


どんなに離れていても
どんなに会わない時が長くあっても
魂の約束をしてきた仲間は
必要なタイミングで必要な時に
ちゃあ~んと会えるようになっているし

ちゃあ~んと助け合うようになっているんです♡


あ、最後にちょっぴりだけ
スピリチュアルな良いお話になったわん♪


うんっ♡
ともだち最高ーーーっ!!!


私にもそんな素敵な友達がいまーす!
という方はポチっと応援してね♡

バナークリックで応援してくださいね♪



【追記】
ブログ更新と共にソッコーA子からLINEメッセージが届きましたっ!!
「ま~ち~こ~、鼻水は垂らしてないよ。二人とも。笑」ですってよ!みなさん!良かったですね!(何が?笑 そして無事制裁を免れましたっ!笑)

【更なる追記】
後からやってきたB子にこっぴどく制裁を受けましたぁーーーっ!!
ヾ(*`ェ´*)ノフンガ~ ε=ε=ε=(`ω´ノ;)ノヒィィィ~