本当の救世主は誰か?


昨日の記事に登場した
クライアント様が
お話の中に登場した例の
キツネ柄Tシャツ」の写真を
早速送ってくださいました!
。 ゚(゚^∀^゚)゚。 


わたしがブログの中で
「キツネ柄のTシャツ見てみたい♪」
と書いていたのを受けて


「今夜こっそり娘の入浴中に
部屋に忍び込んでTシャツの
写真をGETしようっ!!」
と思っていたんだとか。


動向が怪しすぎるっ!!笑((( ノ∀`*) 


す・る・と


なんと!


お嬢さん自ら
キツネ柄Tシャツを着て
目の前に現れてくれたんだとか!
。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。ギャハハ!


P-----っ!!!(笑)


実際のお写真は
ちょっとお見せできませんが
とぉーっても可愛いらしい
キツネちゃん柄のTシャツでしたとさ♡


敏腕Pの演出止まんねぇなっ!
と思った方は今日もポチっと♡


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…


クライアント様や友人たちによく
真知子さんに救われた」とか
真知子さんが救ってくれた」と
言われることがとても多いです。


勿論それはとても嬉しく
そう言っていただけること自体
有難く光栄に感じているのですが・・・


実のところわたし自身
わたしが救ってあげている
という感覚はありません。


そして
「“わたしの力”で救ってあげたい
と思っているわけでもありません。


もちろん
結果的にその方を
救うことになればいいな
そこに繋がればいいなとは思いますが


それをわたしが “わたしの力” で
できるとも、しているとも、したいとも
思っていないということです。
(このニュアンスの違い伝わるでしょうか^^;)


わたしが常に思って(願って)いるのは
その方を救い出す “手助け” がしたい
ということなのであって
この “わたし” が救ってあげるのだ
という感覚になっているわけではない、
ということです。


自分はあくまでも媒介者に過ぎず
あちらからのメッセージを
ただ私の口を通して
或いは、わたしの手を使って
文字起こししているだけのことです。



何故なら
その人を本当の意味で
救うことができるのは
その人自身」だからです。


どんなに優秀なコーチや
カウンセラーやヒーラーだとしても


最終的にその人を真の意味で
救い出せるのは他でもない
「その人自身」だからです。



世界中どこを探しても
それはたった一人しかいないのです。


その目の前の苦しい現実も
悔しくて悲しくて
苛立ちをおさえられない
それらの問題もすべて


自分自身を救いだすために
自らが作り出したもの。



自らを救い出すために
その体験をわざわざ創り出し
現実世界というスクリーンに
歪んだ映像を映し出しているにすぎない。


けれど
あなたは知っているはず。


わたしを本当に救いだせるのは
このわたししかいない、ということを。



あなたが、あなた自身を救うのです。


あなたにはそれだけの
パワーと愛と智慧と叡智が
充分すぎるほど備わっています。


わたしがわたし自身を救い出す!必ず!
そう心に決めた時、誓った時
それ」は目を覚まします。


あなたは無力な存在なんかじゃない。


あなたは無価値な存在なんかじゃない。



あなたは自らのその手で幸せを掴み
あなたは自らのその目で未来を見据え
あなたは自らのその足で輝く人生を歩きだしていける。


どうか


どうか


そのことを忘れないで。


あなたの内に眠るたくさんの夢の種と
無限の可能性」その扉を開く魔法の鍵を
どこかにちゃんと隠し持っていることを。


あなたが世界の全てを
創造しているのだということを。


わたしが世界の創造主です!
と思える方はポチっとしてね♡

バナークリックで応援してくださいね♪