「相手を変えよう」という考えを捨てる


昨日ひっさびさに
マッサージを受けに
行くことができました~♪


わぁ~い♡ヾ(*´∀`*)ノ


あまりの凝り固まり具合に
さすがのゴッドハンドも
太刀打ちできないほどで


「わたしの前世は岩だったかもしれない…」
と思ったかどうかは絶対秘密にしておきたい
スピリチュアルライフコーチの
髙橋真知子です(笑)


わたしも肩バッキバキなんです~!
わたしも岩だったかもしれません~!
という方は今日もポチっとな♪


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…


こうして毎日のように
色んなテーマで
ブログを書いていると


毎回わたしの友人たちや
以前セッションを受けてくださった
クライアント様からご連絡をいただきます。


「今日の記事読みました!
あれって私のことですか!?」


「これってまんま『私のことだ!』
って思いました!!」


「今日のブログ
私に向けて書いてくれました?」


「ねぇねぇ、今日の記事って
完全に私のことだよね?」


「これ私にロックオンして
書いているよね?ね?」


笑笑笑!!
(´∀`*)゚


何故か皆さん
「わたしのことだっ!!」
って思うらしいです(笑)


これが何を意味しているか?


結局み~んな
同じようなことで
悩んでるってことです^^


み~んなそれぞれに
「こんな悩みを抱えているのは
世界中で自分だけに違いない…」
と孤独感や分離感を感じて
余計にどよ~んと暗く落ち込み
更に悩みを深めてしまうことも
あるかもしれませんが


蓋を開ければ
実はみ~んな
悩んでいることは
大差なかったりします^^


「電車ですれ違うあの人は
なんだかとっても幸せそうだな。
きっとわたしみたいにこんな
悩みなんかないんだろうな…」
なんて思ったり


人生にこんなにも
悩み苦しんでいるのは
この世の中で自分たった一人で


自分以外のひとは全員
人生がうまくいっていて


悩みもなく生き生きと
楽しく暮らしているように
見えてしまうことも
あるかもしれませんね。


でもね
そんなことないんです。


もしかしたら
カフェで向かいの席に座っている
その女性もあなたと同じことで
悩んでいるかもしれません。


本屋さんで一緒に立ち読みしている
名前も年齢も知らない
どこに住んでいるかも知らない
隣のその人はあなたと似たような
悩みを抱えているかもしれません。


どんなに時代が変わっても
どんなに文明が発達しても


人間って結局
古来から同じことで
ずーーーっと
悩んでいるんですよね。


ひとの悩みは
それだけ普遍的って
ことなんでしょうね。


細かいシチュエーションは
それぞれ違っていても
悩みのベースは一緒だったり。


だからつい
「わたしのこと?」
って思ってしまうのかもしれません^^


ブログを書く際、基本的に
誰か特定の人物に向けて
書くことはないです。


ただ
「ペルソナ設定」的なことは
しているかもしれません。


わたしのブログを読んで頂きたい方
わたしのセッションをお受け頂きたい方


「こんなことを考えていて
こんな時はこんな反応をしてしまう人」
とか


「どんな風に物事を見ていて
それによってどんな感情になって
こういった行動を取ってしまう人」
とか


「こんな問題を抱えていて
こんなことで悩み苦しんでいる人」
など。


そういった
架空の人物設定のようなものは
勿論あります。


実は…


それは全部
過去の自分」です。


ぜーんぶ全部
過去にわたしが
体験してきたことです。


これまで本当に生き辛い
とんでもなく苦しい生き方を
散々っ!してきたので


昔の自分と同じように
悩み苦しんでいる方の
手助けになれればいいな
という思いでこのお志事を
しております(﹡´◡`﹡ )


皆さんが記事を読んでいて
「これって私のこと?」
と共感してくださる
そのお話の登場人物は
ほとんどが
かつてのわたし」です。


それか
わたしが見てきた
自分の家族の姿」です。
(特に被害者意識に関しては)



ですが
今回は特別に「初めて」
特定の人物を思い浮かべて
「ロックオン」して(笑)
記事を書いてみたいと思います。


今日のこの記事を読んで
「あっ!これ私のことだ!」
と感じてドキッ!とした方


そう
あなたに向けて書きました(笑)


バキューーーーーン!!!
(●´皿`)┳—-゚~:;’:;


ひとは
人間関係でうまくいかない時
つい相手を変えようとしてしまいます。


特に
その相手が自分に対して
あれこれ酷いことを
沢山してきた時などは
「相手に変わって欲しい!!」
と切実に思うはずです。


もちろん
ごくごく普通の反応だと思います。


自分は嫌な思いを
させられている側だから


私はあの人のせいで
こんな辛い思いを
させられている側だから


私は長年あの人に
こんなに苦しめられている側だから


あの人さえ変わってくれたら
あの人さえ反省してくれたら
あの人さえ改心してくれたら


あの人さえ


あの人さえ…


そう思ってしまうものです。


「私はなにも悪くない」
「悪いのは相手の方!」
「だから変わる必要があるのは相手の方!」
「問題を抱えているのは絶対に相手の方!」


そんな風にも思います。


これもごくごく普通の感情だと思います。


但し
わたしのブログを毎日
熱心に読んでくださっている
読者の皆さまであれば
きっとこの後わたしが
言わんとしていることの
予想がつくはずです(^^)


そう。


結局それも
被害者意識
犠牲者マインド」です。


それについては
是非この過去記事
お読みになってみてくださいね。


最初に結論から
はっきり言います。


相手を変えることはできないのです。


あなたがどんなに
相手を変えようとしても


あなたが力づくで
相手を変えることはできないのです。


どうにかしてなんとか
相手を自分の思うように
変えたい!変わってほしい!
と願ってもそれは無理なことです。


ちょっと考えてみてください。


どこかの誰かが
あなたを無理矢理
「あなたではない者」に
力づくで変えようとしてきたら
あなたはどんな風に感じますか?


仮に力づくでなくても


「変わる必要があるのはあなたの方だ!
絶対的にあなたが変わるべきだ!!
早くあなたに変わってほしい!
どうして変わってくれないの?
いつになったら変わってくれるの?」


と、あなたに向かってずーーーっと
言い続けていたとしたら?


あなたはどんな気持ちになりますか?


生まれ持った性格や
個性や特性を
早く変えて!早く!早く!
と、ずーーーっとあなたに
向かって訴え続けてきたら


あなたはどう思うのでしょうか?


それはきっとあなたも
嫌だと感じるはずです。


「冗談じゃない!!」
って思うはずです。


あなたが相手に対して
「この人の中に問題がある」
と感じる時


あなたに見えている
「相手の問題」は
「目の前の相手の問題」ではありません。


あなたに見えている
「相手の問題」は
「あなた自身の問題」なのです。


これは決して
あなたに非があると
言っているわけではありません。


「問題=悪いこと」と
言っているのでもありません。


唯一変える必要が
あるとするならばそれは


「相手の中に問題がある」と考える
「あなたのその考え」の方です。



「相手の中に問題がある」
という風に見えている
「あなたの見え方」の方なのです。



どうしても相手に変わって欲しい
どうにかして相手を変えたい


そのように思う時あなたは
自分の人生の責任のエリア
を飛び越えてしまっています。


相手の責任の領域」に
踏み込んでしまっています。


それが例え
身近な家族や
パートナーであっても、です。


お気持ちは
とてもよくわかります。


これまでどれほど
辛く苦しい思いを
してきたのか


どうしてそんな風に
思ってしまうか


そう思うのも
仕方ないかもしれない
とも感じます。


それほど散々
苦しんでこられたのでしょう。


それでもやはり
真実の視点から
語らせてもらえば


それをしているうちは
あなた自身が本当の幸せに
辿り着くことができないのです。



相手のためではなく
あなた自身のために
それに気づく必要があるのです。


「変わるべきは相手の方」
「解決すべきは相手の問題」


そのようにして「相手の問題」
(と自分には見えているもの)
に焦点が当たっているうちは


あなたはいつまで経っても
「自分の人生の宿題」に
取り掛かることができないのです。



いつまで経っても
「本当の幸せな人生」を
始めることができないのです。



どんな時でも
見つめるのは
自分の内側です。


どんなに目の前に
現れるトラブルが
「相手側の問題」に
映っていたとしても


フォーカスするのは
相手の方ではありません。


あなたが取り組めるのは
いつだって
あなた自身のことなのです。



相手の人生の宿題は
その人にお任せしましょう。


それは
その人自身が自分の意思で
取り組む必要のある課題です。


「相手の問題」が
自分の人生を脅かしている
大きな原因だとあなたは
感じるかもしれません。


「相手に問題がある」から
自分の人生がこんなにも
影響を受けて苦しいんだと
そう感じてしまうかもしれません。


「相手の問題」が解決しない限りは
自分は絶対幸せになんかなれないと
あなたはそう信じ込んでいるかもしれません。


それでも真実の世界では
あなたが感じていることとは
真逆のことが起きているのです。


そしてあなたが
知らなければならない
もう一つの真実は


相手は
あなたが変えようとしなくても
あなたが変われば勝手に変わる

ということなのです。


あなたの内側が変われば
あなたが何もしなくても
相手は勝手にどんどん
変わっていくのです。


何故か?


あなたの目に映る現実も
外側の現象もすべて
あなたの内側にあるものの
映し出しだからです。



信じられないかもしれませんが
それがこの宇宙の法則です。



これは変えようのない
真実なのです。


認めたくないかもしれませんが
認め難いことかもしれませんが


この世はそういう仕組みで
動いているのです。


それでも
「相手が変わらなければ
この難題は解決しない」
そう思うかもしれません。


どうやっても
納得ができないかもしれません。


でも
それをしているうちは
あなたが心から望む
本当に幸せな人生」は
スタートしないのです。


もういい加減そろそろ
自分の人生の宿題」に
取り掛かりましょう。


もうそろそろ
自分の人生の目的」に
取り組んでいきましょう。


あなたがこの世に
生まれてきたのは
なんのためですか?


あなたはこの世に
なにを果たしにやってきましたか?


その答えを
あなたは知っているはずです。


その答えを
あなたはご自分の中に
ちゃんと持っているはずです。


どうぞ思い出してください。


あなたの奥深くに眠る
魂の存在としてのあなた」は
すべての答えを知っているはず。


あなたが目覚めるその時を
今か今かと待っているのです。


「相手に変わってほしい」
と思うその気持ちを
手放してみるのです。


「相手は変わるべきだ」
と考えるその思い込みを
手放してみるのです。


解放される必要があるのは
あなたの中の囚われた世界。


手を伸ばせばすぐそこに
あなたが見たことのない
まったく新しい世界が
広がっています。


その世界は
遠いようで近い。


あなたのすぐ隣で
あなたが気づいてくれるのを
待っています。


宇宙の流れを
ご自分の人生に起きる
プロセスのすべてを
どうぞ信頼してくださいね。


最後まで読んでくださって
どうもありがとう!


今日もあなたが
幸せでありますように♡

「私も宿題早く終わらすぞ!」
と思った方はポチっと押してくださいね♡

バナークリックで応援してくださいね♪