あなたの現実世界を創り出す意識レベルとは?


前回の記事
波動や意識レベルのお話を
させていただきました。


今回はその中で
「意識レベル」に焦点を当てて
お話をしてみたいと思います。


「あの人意識高い系だよね~」
で使われる方の意識とは
ぜんぜん違うお話です(笑)



わたしたちはそれぞれ
固有の振動数を持つ波動を
発しているというのは
前回お伝えした通りですが


どんな波動を発しているかで
意識レベルも変わってきます。



逆の言い方をすれば
意識レベルが変われば波動が変わる
と表現することもできると思います。


この波動や意識レベルが
変わることで何が違うのか
どんな影響があるのかというと
「住む世界」が変わってきます。


「見える世界」が変わる
と言った方がいいでしょうか。


え?どういうこと?
って思いますよね。


それについて説明する前に
まずはこちらの図をご覧ください。


これはアメリカの精神科医学会終身会員でもある
デヴィット・R・ホーキンズ医学博士の著書
「パワーか、フォースか」を参照に
作成した意識レベルのマップです。

【デヴィット・R・ホーキンズ】
医学博士、精神科医、セラピスト、講演家、執筆家
幼少の頃に覚醒体験をし、その後も覚醒体験を深めていった。
キネシオロジーテストによって意識の分野を測定できることを見出し、世界的な評価を得る。主な著作には「パワーか、フォースか」「The Eye of The I」「I:現実と主観性」の三部作ほか、数冊の著書がある。「パワーか、フォースか」は、マザーテレサをはじめ世界中から多くの賞賛を受けた。


わたしたちの思考や感情
意識なども含めてすべてに
それぞれ固有の周波数があります。


これも前回お伝えした通り
すべてのものに固有の
周波数・振動数があり
それが波動の違いとなって
現れているわけですが


わたしたちの現実世界を
創造しているのは他でもない
この意識の波動だと言われています。
(という研究結果が出ています)


それはつまり
自分がどんな意識の波動でいるのか
どんな意識レベルにあるのかによって
引き寄せる現実が大きく変わってくる

ということでもあります。


そしてそれは
目の前に映る世界が変化する
見える世界が変わる

と言うこともできるのです。


わたしたちには普段
無意識で住み慣れた
「自分の世界」があります。


みんながそれぞれにその
「自分の世界」に
住んでいるわけなのですが


誰しもが共通に
「自分が住み慣れた自分の世界」が
「世の中すべての人々の現実世界」
であると認識していることと思います。


なんの疑いもなく
「自分が見ている世の中」と
「すべての人々が見ている世の中」は
同一のものであると思っているかもしれません。


しかし真実の視点からは
同じ空間に存在したとしても
それぞれが違う世界に住んでいる

と言うことができると思います。


自分が見ている世の中の景色と
あの人が見ている世の中の景色は
まったく違っているかもしれないのです。


同じ屋根の下に暮らしながら
家族が皆別々の世界に住んでいる
ということもあるわけです。


同じ出来事を前にしても
全く違った見え方や感じ方をするのは
それぞれが住んでいる
意識のレベル・世界が違うから
と捉えて頂いていいと思います。


そしてもう一度先程の図を
よーくご覧いただきたいのですが


ピンク色と水色で
色分けした二つの領域があります。


ピンク色に塗られた領域は
「パワーの領域」


水色に塗られた領域は
「フォースの領域」
となっています。


パワーもフォースも
通常の和訳では
どちらも「力」を
表す単語だと思いますが


ホーキンズ博士は著書の中で
パワー(真実)
フォース(偽り)

と表現を使い分けています。


右側に記した矢印も
見ていただきたいのですが


ピンク色のパワーの領域が
達成が可能なレベル


水色のフォースの領域が
達成が困難なレベル
となっています。


これはどういうことかというと
著書の中でホーキンズ博士は

「200以下のすべてのレベルは、
個人にとっても社会にとっても、
どちらも生きていくうえで破壊的です。
対照的に200を超えたすべてのレベルは、
建設的なパワーの表現です。
200というレベルは、フォース(偽り)と
パワー(真実)の領域を分ける決定的な分岐点」


であると説いています。


この意識レベルは
身体から出るエネルギー量にも
大きな影響を与えます。


望む現実を引き寄せる
自己実現、現実創造を
パワフルに果たしていく上で
エネルギーの強さや量が
絶対的に必要であるのは
想像がつくのではないでしょうか。


意識レベルが上にいけばいくほど
それだけパワーの強さも
エネルギー量も多くなり
願望実現が達成しやすくなる
ということです。


その決定的な分岐点となっているのは
勇気」の意識レベルです。


自分が望む現実や未来を
創り出していくために
そして引き寄せるために


勇気をだして行動する
ことで初めてその達成が可能になる
レベルに到達するということです。


そのためには自己を肯定し
自分に許可を与えることが必要で
そうして初めて最初の一歩を踏み出す
勇気へと繋がっていくのかもしれないと
わたし自身は感じました。


この図の中で意識レベルは
1~17までの段階に
分けられていますが


それぞれのレベルに応じて
それぞれ異なった意識の世界が
あるということです。


上段の意識レベルの世界に
住んでいるひとたちには
下段の意識レベルの世界で
起きていることの現象の意味や
何が起きているかについての
深い理解があります。


その一方で
下段の意識レベルの世界に
住んでいるひとたちには
上段の意識レベルの世界が
見えていませんし
理解することができません。


例えて言うなら
100階建ての高層ビルの
最上階から眺める景色と
1階から眺める景色とでは
見える景色の範囲が
大きく異なっている
という感じでしょうか。


高い意識レベルにいる
ということはそれだけ
物事を俯瞰して眺めることができ
真実の目線で深い理解を伴いながら
辺りを遠くまで広く見渡せる

ということでもあるわけです。


上にいけばいくほど
ものの見方や捉え方がより多角的柔軟で
様々な視点と広い視野を持っている状態

ということです。


何故なら
その人の意識のステージの
「下段にある意識の世界では
そこに住む人々がどんな風に
物事を捉え、感じ、見ているか」
それが手に取るようにわかるからです。


その意識の段階は経験済みで
かつて自分も通ってきた道だから
とも言えるかもしれません。


超巨大で超難解な迷路があるとして
地上にいる者にとっては
どこが行き止まりで
どこが出口なのか
さっぱりわからないし
迷路全体の大きさも
どこまで続いているのか
まったく見えていないので
ぐるぐる迷ってしまうけれど


上空から眺めている者にとったら
「あー、はいはい。
そっちに行ったら行き止まりなのねー。
ふむふむ。そして出口へは
こう続いているのか。なるほどね」
と全体像がしっかり見えている


そんな感じです。


人間関係における様々な出来事
世の中で起きている色んな現象
日常見聞きするあらゆる情報


そうった外部からの
刺激や情報に対して
わたしたちはそれぞれに
個々の反応があるわけですが


その時自分がいる
この1~17の段階の
いずれかの意識レベルの
フィルターを通して
ものごとを見たり
感じたりすることになるので


当然そこで呼び起される
感情や反応や行動が
変わってきますし


そこからうまれる結果も
当然違ったものに
なってくるというわけです。


それはつまり
自分がいる意識レベルと
同じものしか創り出せない

と言い換えることが
できるかもしれません。


喜びの世界に住んでいるひとには
見るもの触れるものすべてが喜びで
世の中のあらゆる場面において
そこかしこに喜びを見出すことが
できるかもしれませんが


深い悲しみの世界からいつまでも
抜けられずにいるひとにとっては
後悔と落胆ばかりが襲ってきて
自分の人生は悲劇そのものに
映って見えるでしょうし
そういう現実しか創ることが
できないということです。


基本的に人間は
変わることを恐れる生き物ですから
変化する=危険」と見なします。


なかなかその
コンフォートゾーン(安心領域)
から出ようとしません。


本能的に現状維持を
続けようとします。


例えその環境に日々
不満を抱いているとしても
「不満を抱いている日常」が
その人にとっての安心領域なので
そこから出ようとはしないのです。


ここでも
ホメオスタシス(恒常性維持機能)が
働いてしまうんですよね。


常に「安定的な状態」を
維持しようと働いてくれる
ホメオスタシスは
本来の健やかな状態を保とうと
するだけではなく


例えば
病気が長く続いてしまうと今度は
その患っている現状が日常となるため
それを正常な状態と認識して
「病気の状態」を維持しようと
ホメオスタシスが働くこともあります。


そうすると今度は
健康な状態に戻ることに
抵抗が生まれてしまって
治りにくくなってしまう

なんてことも起きるわけです。


望んでいない現状や環境に
悩んだり不満を持っているとしても
そこが自分にとって決して
居心地の良い場所でなくても
例え安全とは言えない状況であっても
住み慣れているいつもの世界が
自分にとっての安心領域に
なってしまうからです。


変わりたくても変われない
口では「変えたい」と言いながら
今いる現状から動こうとしないのは
そういった働きもあるからなのでしょうね。


でも
それが心でも身体でも
生き方そのものでも
「病気の状態」や
「健全ではない状態」を
長く続けていることで
そこから抜けられなくなって
いるとしたら…


いつまでも低い段階の
意識の世界に居続けて
悩み苦しんでいるとしたら…


じゃあ、どうしたらいいの!?(焦泣)
と叫びたくなりますよね。


さきほど「人間はなかなか
コンフォートゾーンから出ようとしない」
とお伝えしました。


そう。


人間は
よっぽどのことがないと
そこから動こうとはしないんです。


そこで何が起きるか?
もうおわかりですね(笑)


よっぽどのことが
起きるんです(笑)


人生に大きな
ブレイクスルーを起こすには


「どうしよう!この先崖っぷちで
もうどこにも逃げ場がない!!」
みたいな場面や


「ああああ!!もう
人生の大ピンチだ!!
どうしよう~~~!!」
という窮地において


「ええい!どうにでもなれ!」
と思い切って飛び込む勇気が
必要だったりします。


もうこの先はどん詰まり
あれこれ試してみたけど
もう手詰まり万策尽きて
何かを変えなくては
前に進めない状態 (T T)


だからこそ人生には
逆境や岐路に立たされる
困難な壁が立ちはだかる
というショック療法が
用意されているのかなと
感じるのです^^


そこまでしないと
なかなか重い腰を上げないし
本気にならなかったりするしね^^;


まさにいま
人生の岐路に立たされている、
大きな大きな壁が自分の前に立ちふさがっている

という方は


そのことによって
あなたの魂が本当に望んでいる
人生はそっちの方向じゃないよー

と宇宙からのメッセージが
届いていると思ってください。


あなた自身の中に搭載された
人生の羅針盤とも言える
魂のナビゲーションシステムが
自分が本当に幸せになれる方向へ
導いてくれていることに
どうか気付いてください。


現状を嘆いているだけでは
何も変わりませんし
何も変えられません。


意識が変われば
波動も変わります。


波動や意識が変われば
引き寄せる現実が変わってきます。


引き寄せる現実が変われば
見える世界が違ってきます。


意識を大きく変える時
とてもパワフルな威力を
発揮するものがあります。



それは
「決断する」ということです。


まずは「決める
最初はここからです。


いきなり大きな決断は難しい!
という方であれば
日々の小さな決断から
始めてみてください。


どんなささやかなことでも
かまいません。


自分がこうと決めた
小さな約束事を
ちゃんと守って実行する。


決めたら実行
決めたら実行


これを日々繰り返していくことで
自分が決めた通りに現実は変わっていく
という実感が持てるようになります。


そのことによって次第に
自分の人生を自らがちゃんと
コントロールできている自信がつき
自己効力感や自己信頼感へと
繋がっていきます。


自分が望んだこと
そう決めた通りに
人生はデザインしていける


人生は自分の
意思と決断と選択が
創っているんだという

ことに実感が伴っていきます。


でも最初は
ほんとに小さなことから
始めるのでいいんです。


そして
日々の思考や言葉に
気をつけるという
身近なことから
始めていくのです。


お金も何もかかりません。
いまからでも
すぐにできることです。


あなたの意識はジワジワと
変わっていくかもしれませんし


ある日突然滝に打たれたように
何かにハッ!と気がつく瞬間が
やってくるかもしれません。


意識のステージを変えて
是非ご自分の望む人生を
引き寄せてくださいね♡


あなたが
心の底から幸せ!楽しい!
と思える人生を歩まれることを
わたしも応援しています(^^)/

最後にまた
わたしの大好きな詩を
お送りいたしますので
是非読んでみてください♡

思考に気をつけなさい
それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい
それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい
それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい
それはいつか運命になるから

     マザー・テレサ


いつも読んでくださってありがとう♡
あなたのポチッに励まされています♪

あなたの応援クリックお待ちしてます♪