いらないものは受け取らなくていい


昔誰かに言われた
心ない言葉や
自分を否定される
冷たい一言。


そのたった一言が
いつまでも
いつまでも
棘のように心に刺さって
抜けないまま


その体験が元となって
自信をなくしてしまったり
自己否定が始まったり
セルフイメージを
下げてしまっている
なんてことはありませんか?


もしかしたらそれは
子供の頃に
親に言われた傷つく言葉
だったかもしれないし


クラスメートの誰かが
ふいに投げつけてきた一言
だったかもしれない。


或いは
学校の先生や会社の上司
一緒に働く仲間や同僚からの
ショックな言葉だったかもしれない。


そうやって
誰かに言われた嫌~な言葉を
頭の中で何度もリプレイしては
「自分は本当にダメな人間だ…」
とがっくり肩を落として
小さく縮こまってしまうこと
ないでしょうか?


でもね
よーく考えてみて
ほしいんです。


その人が言った言葉って
「本当かな?」って


その人が言った言葉を
「そのまま信じ込む必要が
あったのかな?」って


あなたを傷つける
愛のない冷たい言葉を
「馬鹿正直にそのまま
受け取る必要があったかな?」って


誰かに言われた
「自分を否定される言葉」や
「ネガティブな一言」


そんな自分にとって
「心地良くないもの」を


本当は
「あ、いらないです」
って受け取らないこともできたのに


うっかり信じ込んで
受け取ってしまっただけ。


あなたは
その人が言った
言葉通りのあなた
なんかじゃ決してないし


その人が言った
言葉通りのあなたを
演じる必要なんて
これっぽちもない。


例えどんなあなたでも
何かを達成したとか
しないとか関係なく


ただそのままのあなたで
あなたには充分
素晴らしい価値がある。


そのことを
その人がまだ
知らなかっただけ。


そして
あなたも
そのことをまだ
知らなかっただけ。


うっかり信じ込んで
うっかり受け取ってしまった
あの心ない冷たい言葉たち


これまで後生大事に
抱え込んでいたものを


ごめんなさい。
これいらないものでした。
結構です。お返しします

って返してしまいましょう。


もちろん
イメージの中でね(笑)


そんな嫌な思い出は
宇宙のブラックホールに
ポイっと投げ捨ててしまいましょう♪
( -_-)ノ⌒-~


そして
「なぁんでそんなこと
信じ込んでいたんだろ。
おバカさんね、わたしったら
うふふ♡」って
軽~く笑い飛ばしてしまいましょう♪


何かができても、できなくても
見た目がどうとか、成績がどうとか
肩書がどうとか、収入がどうかとか
な~んにもいっさい関係ない!


あなたという存在が
どれだけ素晴らしいか
その本当の価値を
知ったならば
あなたはきっと
驚いてしまうはず。


それを知るための
今回の地球の旅。


条件なんかではない
自分の素晴らしい価値を
ひとつひとつ発見しながら


あなたも、わたしも
この旅をめいっぱい
楽しんでいきましょう♡


そこにはきっと
と喜び」しか
ないはずだから☆



あなたのポチッが励みになります♡

応援クリックよろしくお願いします♪