志村けんさんの死に思う人生のシナリオ


コロナウィルス感染による肺炎で
惜しくも先日お亡くなりになった
志村けんさん。


突然の訃報にショックを受けられた方も
多かったのではないでしょうか。


テレビやネットニュースも
まったく見ていなかったので
何も知らずにいたのですが
その日の夜になってから
志村さんが死去されたことを知らされ
「え⁉まさか…⁉」と
わたしも言葉を失いました。


志村けんさんと言えば
子供からお年寄りまで年代問わず
皆に愛されながら長い間に渡って
日本中に笑いを届けてくれた人気者。

まさに
稀代のコメディアンと呼ぶに
相応しい方でしたよね。


たまたま某局で放送の
「再現VTRで振り返りながら
志村さんがご自身の人生を語る」
という内容の番組を拝見しました。


日本を笑いの渦に巻き込んできた
あの志村さんだから
どれほど愉快で明るい家庭で
育ったのかと思いきや

意外にも
生まれ育ったご実家の環境は
教職についている父親が
厳格だったということもあってか
まったく笑いとは無縁で
いつも重苦しい空気に
包まれていたそうです。


父親が席についている間の
食卓は家族皆に緊張が走り
笑いの一つもこぼれなかった
そうなのですが

子供の頃、ある日の食卓で
テレビ放映していた喜劇を見て
父親が思わず吹き出して笑ったのを
初めて目にした志村少年は
「この父親を笑わせるなんて!」
と衝撃を受け
お笑いというものの凄さに
感銘を受けたそうです。


この時
志村さんの中には
お笑いに対する小さな
憧れの種が芽生えたのでしょうね。


後に日本中を笑わせる
人気コメディアンとなる志村さんが
教職につく厳格な父親の下
まったく笑いのない家庭で育った
というのもまさに
人生のコントラスト」
だなとしみじみ感じました。


そういう家庭環境で育ったからこそ
「笑い」が人々に与える喜びや感動
「笑うこと」の本当の素晴らしさが
より際立ったのではないでしょうか。


小学生時代
運動会でお漏らしをしてしまうという
恥ずかしい失敗もあったそうですが
そのことがあってから
クラスの皆の前でおどけてみせたり
周りを楽しませることに目覚め
その失敗と感じた出来事さえも
志村さんのお笑いの才能を
開花させるきっかけに
なっているなぁと映りました。


お漏らしをしたことに対する
クラスメイトからの冷やかしを
うまくかわすために披露した
その時の酔っ払いのコントは
後に志村さんの十八番になったそうです。


お笑いの第一線で最初からずーっと
活躍しているイメージですが
辛い下積み時代も長かったようですね。


ドリフターズの付き人時代
お笑いコンビを組んでデビューし
それなりに人気も出たようですが
ほどなく解散。
次に組んだコンビもうまくいかず…


やがて
いかりやさんからの大抜擢により
大きなチャンスが到来し
ドリフの新メンバーとして
加わったものの
最初のうちは観客からの
「誰だお前」的な
冷ややかな反応が多く
あまりウケなかったんだとか。


しかし
ある日の打ち合わせ時
思わず口ずさんだ歌が
いかりやさんの耳に止まり
「それを舞台でやってみろ!」
ということに。


それがあの有名な
「東村山音頭」


全員集合の舞台で初披露してから
それが当時のちびっこ達に大ウケし
一世を風靡する大ヒットとなりました。
そこから志村さんの人気が
急激にアップしたようです。


志村さんと言えば
皆さんご存知
東村山のご出身です。


東村山音頭は元々は
当時の東村山町農業協同組合が
東村山町役場の協賛を得て
レコード発売した楽曲だったそうです。


志村さんが歌った東村山音頭はいわば
カヴァー曲ということになりますね。


この大ヒットが人気のきっかけに
なったわけですが
志村さんが東村山出身でなければ
それも生まれなかったわけです。


東村山に生まれたことも
当然シナリオに組み込まれて
いたのでしょうね。


そして
いかりやさんとの関係は
特に深い魂の絆を感じさせました。


いかりやさんは
志村さんをこの世に送り出す
きっかけをつくり
育て上げる恩人の役割を
担っていたのだろうなと
感じました。


志村さんが
不動の人気者になった後にも
ずっとその姿を見守り続け
他愛のない会話や
自分に足並みを揃えてくれる
気遣いを喜ぶ姿は
まるで父親のようで
二人はきっと前世では何度か
家族だった時代があったのだろうなと
感じてしまいました。

それこそ本当に前世では
親子だったかもしれませんね。


番組の最後に
志村さんが言っていた言葉が
とても印象的でした。


「笑いにはとてもあったかいパワーがある。
けれど、そのあったかいパワーや勇気を
自分の中に持っていないと人に届けられない。」


笑いというものを通して人々に
あったかいパワーと勇気を届けること。
自らの生き様を通してそれを体現すること。


それはまさに志村さんの使命であり
人生のテーマだったと思います。


志村さんの人間としての
愛の深さと器の大きさを物語る
感動のエピソードも
たくさんありますよね。


今回このタイミングで
亡くなられたことにも
大きなメッセージ性を感じます。


日本中の人気者だった
志村さんの突然の死は多くの方に
大きなインパクトを与えたはずです。


コロナウィルスの脅威を前に
世界中が混乱に見舞われている中
いま一番何が大切なのか
本当の愛ある行動とは何なのか
どう在るべきかということを
自らの死をもって
メッセージとして伝えてくれて
いるように感じてなりません。


日頃の健康面の見直しも含め
この状況下での
無自覚で無防備な行動など
今一度気を引き締めるよう
警鐘の意味も込められて
いるかもしれませんね。


あの志村さんのことだから
もうひとつ
この大変な局面においても
人生を明るく照らす笑いを忘れず
自分が笑顔になること
誰かを笑顔にすることの大切さも
教えてくれているように感じました。


笑いは時にガンさえも
やっつけてしまうくらい
免疫力をアップさせますし
何より笑うことで
波動がグンと高まります。


今この厳しい状況の中だからこそ
わたしたち一人一人がもっと
波動を高めていく必要が
あると強く感じます。


いずれにしても
敢えてこのタイミングを
選んで亡くなったのだろうなと。

それも生まれる前に
決めてきたシナリオだったと思います。


今頃はきっと
いかりやさんと久々の再会を
喜んでいる頃でしょうか。


「あまり深刻になり過ぎるなよ」
と、あの人懐っこい笑顔で
にっこり笑いかけてくれている
そんな気もします。


いままで
たくさんの笑いを
ありがとうございました。


志村けんさんのご冥福を
心よりお祈り申し上げます。



応援クリックいただけたら嬉しいです♪